2016年7月18日月曜日

Windows10とFileMaker Server15

こんにちは!

今回のテーマは「Windows10とFileMaker Server15」です。


ファイルメーカー社のサイトではWindowsのクライアントOS(Windows7、Windows10」がサポートするOSから姿を消しています。

Windows10にはFileMaker Server14をインストールすることはできませんでした。

FileMaker Serverを業務システムを多数動かし、がっつり業務で使うようになると、本番環境のサーバーではテストをすることが難しくなってきます。

こういったときに、テスト環境としてWindowsのクライアントOSにFileMaker Serverが入れられたら便利でしょうと思っていました。

FileMaker Server15が発売されましたが、試しにWindows10 Proに入れてみたら、問題なくインストールすることができ、問題なく動いています。

ちなみに、クライアントOSのエディションはPro以上でしかIISを利用できないので、インストールできないはずです。

※ただし、メーカーのサポート外なので、自己責任になります。

追記-------------------

現状、Windows10のインストール方法として、下記の2つの方法があると思います。

1) Windows7、8から無償アップグレードでWindows10に

2) Windows10をクリーンインストール(プレインストールされているものを購入など)

今回ここで紹介したのは1)の方法でWindows10にした場合でした。

先日2)のマシンで試したところ、Application Request Routing(ARR)の手順で止まってしまいました。

手動でARRをインストールする方法がこちらに紹介されていますので、これでいける可能性がありますが、まだ試していません。

試す機会があればまた追記したいと思います。

1 件のコメント:

  1. Very helpful suggestions that help in the optimizing website. Thank you for valuable suggestions.FileMaker Server 15

    返信削除